平成27年度 一級建築士試験 模範解答速報

平成27年度 一級建築士試験

平成27年度一級建築士試験(平成27年7月26日実施)についての模範解答速報を紹介しています。一級建築士の資格内容と通信講座、受験対策についても紹介。一級建築士の試験後には、いちはやく模範解答速報を紹介します。

スポンサーリンク

一級建築士試験とは

一級建築士試験とは、建築士として必要な知識及び技能について行われる試験である。一級建築試験は、毎年少なくとも1回、国土省大臣が行うこととして、建築士法に定められている。
■試験日程■
平成27年7月26日(日)

■試験地■
住所地の各都道府県にて受験する
■申込受付期間■
インターネットによる受験申込期間
平成27年4月10日(金曜)午前10時 ~ 4月20日(月曜)午後4時
郵送又は受付場所における受験申込
(郵送)平成27年4月6日(月曜)~4月20日(月曜)
(受付)平成27年5月7日

■合格発表 ■
学科試験 平成27年9月8日(火)
設計製図の試験 平成27年12月17日(木)

一級建築士試験 模範解答速報

それまでに、模範解答速報をご覧になって、自己採点したいかたは資格講座(通信講座)を実施している教育企業のWEBページを確認するとよいでしょう。大手の企業では模範解答速報を当日中に模範解答速報サイトに公開している企業もあります。
さて、有名な受験対策学校のサイトで発表されている模範解答速報ですが、毎年2問くらい異なるものがあります。模範解答速報の信頼は9割5部ぐらいで考えておくと良いでしょう。

一級建築士 サクセスストーリー

立野健太郎は、理工学部建築学科に通う大学生である。一級建築士になることを目指して建築学科に入学し、順調に4年次まで進学してきた。同学年の学生の中でも、成績は常にトップであった。卒業試験も無事合格して、7月には一級建築士試験を受験することが決まった。4月から、国家試験のための予備校に通い、受験対策に力を注いできた。
そんな、立野健太郎であるが、試験の直後、自己採点した時のドキリとした瞬間を忘れることはできない。 受験対策でお世話になった予備校の先生からもらった 模範解答速報を元に、自身の答案を自己採点した。 そこで気づいたのが、記入ミスである。試験問題は直前の対策講座の事例が的中し、難しさを感じなかったので余裕な気分であった。 にもかかわらず、回答の記入ミス。今回の試験の 合格ラインを下回る自己採点の結果となってしまった。また来年も受験をしなければいけない。その時の立野健太郎の脱落感は何とも言えないものであった。 ひとまず自身の自己採点の結果を講師に伝えて帰路に向かった。その帰り途中、講師からさとるの携帯電話に連絡があった。 「さっきの模範解答速報に誤りがあった。立野健太郎さんの失点していた問題は、解なしになるよ。」立野健太郎の頭の中が、すっと晴れた。 失点していた2問が解なしとなれば、合格ラインにのっかるからである。これは試験の合格発表まで、合否どちらかわからないぞ。 試験実施機関が解なしを発表すれば、立野健太郎は合格することができるのだ。模範解答速報で自己採点しなければ、浮いたり沈んだりしなくてよかったのに。 模範解答速報で自己採点をした自分に少し後悔する立野健太郎であった。

スポンサーリンク

一級建築士とは、建築士による免許資格である。建築士とは、建築の設計業務や工事監理業務とされている専門的職業である。

模範解答速報とは、資格の受験対策を開講している学校や通信講座が受験者のために作成している模範解答である。試験実施機関が合格者や解答を公表する前に、自己採点することができる。 主に、試験日から数日の間に模範解答速報は、WEBインターネットサイトや自己採点講座などで発表される。


スポンサーリンク